EMPLOYMENT

生産準備推進職-each department-

06

introduction

生産準備推進職

 新車種の立上げによる生産ライン新設や現存車種のモデルチェンジの際、ライン構築の計画を維持管理するのが生産準備推進職の仕事です。最初にお客様である完成車メーカーからの受注を受けて、生産準備推進の仕事がスタートします。お客様の求める品質を満たした製品が効率よく量産できるよう、ベストな生産方法を設計していきます。
 また製品開発期間中は、お客様のもとで試作品を組み立て品質や車両の強度確認などを行うこともあります。そこをクリアすれば、量産に向けて設備手配となるのですが、ただ単にお客様の要望を設備メーカーに届ける、だけ、というわけではなく、製品の進捗状況により緻密な計画立てが必要になります。
 このように、日程・工程管理だけでなく、部材調達の計画、試作品の調達や納入など、携わる仕事の範囲は多岐に渡ります。生産工程全てを最適化し、滞りのない量産に結びつけるための重要な仕事を担っています。

部署の役割

【生準チーム】
受注決定から量産までの日程計画を立てて、その進捗管理と、お客様への進捗共有を行います。

【試作グループ】
試作部品の手配や出荷準備・納入を、関係部署や試作メーカーと調整し行います。

Top